漫画街

新人漫画家相談室TOPへ

新人マンガ家相談室

【質問と解答】

Q:30代後半の青年誌の漫画家志望の者です。今は仕事をしながら合間に投稿作を描いています。20代の10年間、青年誌の出版社4~5社に持ち込みを続けて投稿作は30本ほど描きましたが、未だ受賞も担当付きもありません。このまま投稿や持ち込みを続けて漫画家としてデビューできる希望はあるでしょうか? 30本も描いて何も結果が出ないのは才能がないということでしょうか? 20代の頃よりは執筆ペースは遅いですが、描き続けてきたので簡単に諦められず、できれば漫画で食べていけたらと思っています。漫画家になるための覚悟など、アドバイスを頂けたらと思って投稿しました。

A::数社に持ち込みを続けてきたのでしたら、そこで批評なり助言なりをいろいろともらったことでしょう。であれば、あなたの作品を拝見したこともない私が、それ以上の助言をすることは不可能です。持ち込みで受けた指摘や助言を生かして努力してきましたか? 年齢的なハードルの高さもあるかもしれませんが、画力があって雑誌のカラーに合っている作品であれば、それだけで何らかの賞にひっかかるはずです。30本描いて何の賞にも入らないということは、画力不足か致命的に雑誌のカラーに合っていないと言っていいでしょう。30代後半ともなれば、青年誌と言っても受け入れてくれる雑誌は限られてきます。その中から自分の作風や方向性に最も近いと思われる雑誌に絞って、その雑誌のカラーを研究して作品作りをしてください。また、当然のことながら、画力向上のためにあらゆる努力を惜しまないようにしましょう。技法書を熟読し、正しい練習方法で画力向上を目指してください。間違った努力をどんなに数を重ねても、間違った癖しか身につきません。努力すべき方向性と方法をしっかり見定めることが大切です。

その他のご質問は、フォームからお願いします。

その他のご質問は、
フォームからお願いします。