漫画街

新人漫画家相談室TOPへ

新人マンガ家相談室

【質問と解答】

Q:私の母についてなのですが、高校生の時に漫画家を目指していて何度か投稿をし、結構良い段階までいったことがあると言っていました。その後は漫画家になることを諦めて普通の一般職業に就き平凡に暮らしている母が、今からでも漫画家になれる漫画賞を探していました。ちなみに母の年齢は47歳です。この歳でも漫画賞に応募出来る賞がありましたら教えて頂けないでしょうか?

A:公共団体や新聞社が主催の漫画賞であれば問題ありません。また、お母様の描く漫画の絵柄やジャンルにもよりますが、出版社の新人賞に投稿してプロデビューを目指すのであれば、青年誌でしょう。 45歳で「週刊モーニング」でデビューした青木雄二氏や40歳で「ビッグコミック」でデビューした齋藤なずな氏等、30台後半から40台デビューの漫画家さんがいます。具体的な新人賞としては、小学館新人コミック大賞青年部門、ちばてつや賞一般部門、アフタヌーン四季賞あたりでしょうか。少女漫画誌を含め女性誌はまず無理だと思ったほうがいいです。

その他のご質問は、フォームからお願いします。

その他のご質問は、
フォームからお願いします。