漫画街

新人漫画家相談室TOPへ

新人マンガ家相談室

【質問と解答】

Q:上手に描かなきゃというプレッシャーを跳ね返せません。アイデアも絵も独りよがりに思えて、手が止まるのです。私は数年前にデビューしました。出版社のWeb雑誌で複数連載し、本も何冊か出していただきました。ただ、ネームチェックや次回打ち合わせを、ほとんど経験していません。演出の良し悪しを訊ねても、編プロや配信担当の方々には「漫画は詳しくない」、出版社の担当には「育成はうちの仕事じゃない」と言われます。特に版権物は、宣伝だから何でも良いよ、アニメ終わったからどうでもいいよ云々です。ネームの初稿がすべて通ってしまうので、自分に厳しくリテイクや校正を課すようになりました。それでも連載中は、「自分がしっかりしなきゃ」と、読者さんの反応を支えにやってこれました。でも去年、最後の連載を終えてから、1ページのネームも描けなくなりました。「描きたいもの」と「良いもの」と「売れるもの」の取捨選択の基準がわからず、プロとして自信を持てません。ここの相談室を見て、再デビューされる漫画家さんも多いと知りました。自分も、もう一度漫画を描けたら、紙の雑誌に持ち込んで出直そうと思います。何かトレーニング、リハビリのようなものがあれば教えてください。

A:トレーニング、リハビリをという質問内容ですが、それ以前にいい編集者、いい編集部に恵まれなかったことが大きいですね。大手出版社の紙媒体の雑誌の編集部にいくつか持ち込み営業をしてください。絵柄や作風が受け入れてもらえるところなら、きっとしっかり指導してくれる編集者に巡り会えるでしょう。  

その他のご質問は、フォームからお願いします。

その他のご質問は、
フォームからお願いします。