【質問と解答】

Q:消しゴムかけをしている時に原稿を折ってしまいました。賞に応募する作品です。折り目は触るとわかる程度で、印刷には支障がないと思います。(目視でも軽く折れているのがわかる程度)この場合、新しい原稿に描き直したほうがいいですか? 賞に応募する作品で折り目がついていたら、どれくらいマイナスポイントになるのでしょうか。

A:「触るとわかる程度」でしたら、まったく問題ありません。審査においてもマイナスはつきませんので安心してください。確かに、雑に扱っているのが明らかにわかる原稿というのは心証が悪くなりマイナス評価の対象になりますが、それはタバコの焼け焦げだらけとか飲み物をこぼしたシミだらけ、端が折り目だらけといった、大切な作品を描く心構えが見られない原稿に対してのものです。あなたのように、不注意で1箇所軽い折れ目がついたくらいで悪印象は持ちません。しかし、今後はこの経験を生かして消しゴムかけの時にも注意を疎かにしないようにしましょう。余談ですが、投稿原稿でたまに、トップページもしくはラストページの原稿の橋が折れていることがあります。封筒に入れる際に不注意でやってしまったのでしょうが、せっかく綺麗に原稿を仕上げているのに最後の最後にポカをしてはもったいないです。原稿を送る際も気をつけるようにしましょう。

その他のご質問は、フォームからお願いします。