【質問と解答】

Q:連載をしているのですが、担当編集者の言う事にぶれがある気がします。一番最初に「この作品はえぐくしましょう」と言ったものの、「今回はゆるい話にしましょう」と言って来たり、えぐい話を描いたら地味と言われボツにされたり、自分好みに描いた全然えぐくない話のネームを見せてOKが出たりしています。この先今の担当編集者とやっていく自信がありません。連載が終われば他紙に持っていく事も考えています。自分の作品を気に入ってもらっているものの、打ち合わせがしやすい担当編集者と描いていく事がやはり一番良いのでしょうか? アドバイスお願いします。

A:連載をしていると読者の反応を見ながら軌道修正したり、アンケート結果から編集長から指示が出たりして、当初の方針を変えることはありますし、それで成功した作品も多々あります。担当さんの「ぶれ」がそれに当たるかどうかわかりませんが、一度ちゃんとあなたの不審をぶつけて作品の方針を話し合ってください。担当さんのほうではコミュニケーション不足に気づいていないのではないかと思われます。打ち合わせがしにくいというのは、担当さんだけではなく作家側にも責任があります。わからないこと、納得できないことがあれば、ちゃんとそれを担当さんに伝えましょう。作品に真摯に向き合えば、時に意見がぶつかり合うこともあります。作品をよくするためのぶつかり合いを恐れないでください。話し合った上で、どうしても今の担当さんとは合わない、やっていけないと結論を出したのであれば、他誌への移籍も考えていいでしょう。

その他のご質問は、フォームからお願いします。