【質問と解答】

Q:作業のスピードをあげるとクオリティーが酷く劣化してしまいます。私はいま早くプロになりたい、連載したさに焦っていて原稿の合間に次回作のネームを何点か仕上げて、ストーリー原稿も数週間で仕上げています。以前までは何日どころか何か月も丁寧に制作していておかげでデビューも出来たのですが、制作スピードを上げると並以下になってしまいます。やはり可能な限り時間を掛けたほうがいいのでしょうか?


A:時間をかけることと丁寧に描くことはイコールのようでイコールではありません。丁寧さを放棄してクオリティー劣化を招けば、ようやくデビューしたあなたの今までの評価も編集部の信頼も一遍でなくなってしまうと考えてください。デビューしてようやく漫画家としてスタートラインに立ったところです。今のあなたがしなければならないことは、今のクオリティーをさらに高めるべく丁寧に作画作業をすることと、一方で少しでも原稿のスピードアップを図るべく技術を研究し、作業の効率化を目指すことです。作画時間の短縮については何度かこのコーナーに質問がありましたのでその回答を参考にしてもらうとして、もしそれでも作画時間が短縮できないのであれば、クオリティーをとるべきです。生産力が低くて連載はできないけれど、作品を描けば必ず高クオリティーという評価はありえても、その逆はありえないからです。

その他のご質問は、フォームからお願いします。