【質問と解答】

Q:先日、担当がついた者です。担当がついてから漫画家になりたいことへの焦りがなくなり、怠けるようになってしまいました。ネームも原稿もすでにやり取りしていますが、怠けつつ描いている状況です。焦りがなくなった他の要因はそれまで「漫画家になりたいから漫画を描く」から、担当のつくきっかけとなった作品以降、「漫画を描くことが楽しいから漫画家になれたら幸せ。でも、漫画家になれなくても自分の漫画が好きだし、こんな作品が描けるのなら認められなかったとしても後悔はあまりしないかもしれない」と思うようになりました。また、私は長編が無理なら読み切り漫画を中心に描く作家でもいいと思っているので、話は面白いと言ってもらえてネームが一発オッケー出されている現在、絵が上手くなればそのうちデビューくらいはできるのではないかという安心感が出てしまいます。そうは言ってももともと小さなことで満足してしまう性格なので、こんな気持ちのままで本当にデビューできるのかという不安はあります。私はまだ年齢も若く、漫画の肥やしにするためにも今はいろいろ遊びながらでもいいのではないかという思いと、もっと焦っていかないといつまでたっても漫画家になれないのではないかという思いがあってどうしたらいいのかわかりません。やはり漫画家になれるような人はもっとやる気に満ちて、自分の中の締め切りも守っているものなのでしょうか?


A:こう言うと語弊がありそうですが、実はデビューすること、プロになること自体はそんなに難しいことではありません。もちろん新人賞の狭き門をくぐり抜け、掲載コンペを通過しなければならないわけですが、若いうちから担当がつくような方なら画力を上げる努力を怠らなければデビューまではこぎつけることができるでしょう。難しいは、プロであり続けること、漫画で生活していくことです。毎月のように次々と新人が誕生する世界ですから、連載してファンを増やしていかなければ、気が付いたら居場所がなくなっていたということになってしまいます。あなたが趣味として漫画を描き続けられればいいというのであれば、そういった生き方があってもいいと思います。別に商業漫画家にならなくとも、今はネットや同人誌など自作を発表できる場はたくさんあります。ですが、漫画を職業としたいのであれば、焦る必要こそありませんが現状に甘んじず向上心を持ち続けるべきでしょう。同年代のライバルたちは、あなたが怠けている間も力をつけていると思ってください。ですが、漫画を描くのが楽しいという一番大切な気持ちは見失わないでくださいね。

その他のご質問は、フォームからお願いします。