【質問と解答】

Q:1)過去の質問で雑誌の賞で投稿作品が受賞レベルに達していてもその作家に将来性(連載作家を目指す意思?)がなければ賞を授与するようなことはないというものがあったと思うのですが、仮にその出版社の賞に何度も応募しその間ずっと受賞せず歳だけ重ね、受賞レベルに達した時にこの作家は年齢的にもいろいろな面で将来性はないと判断された場合、受賞させないという事はあるんでしょうか?

2)月例賞は編集者全員がすべて目を通すものでしょうか? 

3)受賞には運は必要でしょうか?


A:1)受賞レベルを云々する以前に同じ新人賞に何度も落選して、編集者から連絡もこないという方は、その編集部では見込みがないと判断してください。受賞に至らなくても少しでも見込みがある常連投稿者なら担当がついたり、編集部からアシスタントの誘いがあったりするものです。投稿先や持ち込み先を変えることをお勧めします。

2)編集部によって方針が異なるかもしれませんが、基本的にはそうです。

3)上位の賞が獲れるかどうかは確かに運不運はあります。大賞やそれに次ぐ賞は1名とか2名とかの枠があるので、レベルの高い投稿作が集まった時には競争率が高くなってしまいます。いつもの回なら大賞を獲ってもおかしくない作品が佳作どまりということもあります。しかし、下位の賞(奨励賞や期待賞といった名称が多い)は枠数の制限はほぼないので(実際には賞金にも予算があるので制限はあるのですが、奨励賞相当作品が100本も集まるなどということはあり得ないので、枠数制限はないと考えて問題ない)、受賞相当の作品が運に左右されて選にもれるということはありません。

その他のご質問は、フォームからお願いします。