【質問と解答】

Q:現在A社とB社で担当編集がつき、大賞等の大きい賞を目指している投稿者です。A社はオリジナルでのアニメ化作品も多く、個人的にも好きな漫画の多い出版社です。B社はコミカライズ作品が多く、オリジナルでアニメになった作品があまりありません。なので、もし連載を持てるならアニメ化作品も多く、それなりに有名なA社で、という気持ちが強いです。しかし、A社からは画力のないことへの指摘をされており、ネームの全没も続いており、連絡も遅いです。一方、B社のほうでは公式アンソロジーへの参加をさせて頂いたこともあります。また担当編集からも「絵柄がうちの雑誌に合っている。一緒にがんばりましょう。アナタなら連載だってとれます」と言って頂いてます。A社で連載を取りたいと思うのは、有名な大手出版社でやりたい、という理由からです。しかし、担当編集とのやりとりを考えると、B社でがんばりたいという思いもあります。ある程度大手出版社だけれどあまり私に対して期待していないと思われるA社と、有名ではないけれど私を評価してくれているB社、どちらを目指すべきでしょうか?

A:あなた自身の気持ちとしては、大手で好きな作品も多いA社に心が傾いているのですね。要は、A社の担当編集が求める画力(そしておそらくは絵柄もでしょう)、作品内容に対応できるように自分を変えていけるか、ということです。それができなければ、A社ではデビューや連載はおろか、新人賞での上位入賞さえ叶わないでしょう。結局はあなたの努力次第ということなのですが、言うが易しで実際にはデビューまでにかけられる時間は有限ですし、画力やネーム力は上げられても絵柄や作風を変えていくことは容易ではありません。仮に変えられるとしても、そのことに自分の気持ちや感性が納得できるかどうかはまた別問題です。そういった点を踏まえた上で、自分に可能かどうかの自己診断をして進路を決めてください。幸いB社のほうでは今の絵柄や作風のままで受け入れられているようですし、そちらでデビューしてプロ活動をしながら腕を磨くという選択肢もあります。そして、プロとして成果を挙げられれば、憧れのA社から依頼がきたり、プロとして営業に行って仕事をとることもできるかもしれません。

その他のご質問は、フォームからお願いします。