【質問と解答】

Q:大手出版社の新人賞に投稿しています。全員に個別の評価シートがいただけるのですが、送られてくるのが半年後くらいです。届いた時点で次の賞の締め切りが過ぎています。評価の内容も、時間が経ちすぎて現在の自分に生かせません。評価シートはどういう目的で返送しているのでしょうか? お忙しいのはわかるし、丁寧に評価をいただけるのはありがたいのですが、あまりに遅い気がします。ちなみに私は、評価シートを待ちきれずに、同じ作品を出張編集部で別の編集部に見て頂いて、次の作品への糧にしています。投稿中の雑誌の編集部はなかなか出張編集部に参加しないので、別の編集部での評価を総合して参考にしています。

A:出版社サイドに立ってみれば評価シートの目的は、全員にそれを送るということを新人賞の売りにして応募数増を狙っているわけです。編集部の内情はわかりませんが、応募総数が多ければ評価シートの送付が遅くなるのはある程度やむえないでしょう。それが、あなたのように時間が経ちすぎて役に立たないという方もいれば、持ち込みや出張編集部に行く機会もない方にとっては遅くても丁寧な評価をもらえるのはありがたいという方もいるわけです。あなたの場合、評価シートはあくまで投稿のおまけ程度に考えて、編集者からの批評やアドバイスには持ち込みや出張編集部を利用してください。

その他のご質問は、フォームからお願いします。