【質問と解答】

Q:編集長に担当替えを頼むのはマナー違反でしょうか? デビューして数年の者です。雑誌で企画ものを描かせてもらっていますが、今の作品を描くのが辛くてしようがありません。毎日泣きながら描いている状態で、せっかく掴んだ漫画家という職業なのに、今辞めたい気持ちで一杯です。最初から「自分とは合わないな」と思った企画ですが、新しいものにチャレンジすること、連載の機会を与えていただけたことに感謝し、精一杯取り組んでいますが、これが今後も続くかと思うと本当に辛いです。ここまで辛い理由のひとつに、担当さんと意見・感覚があわなすぎる、というのがあります。自分がアイディアを出してもことごとくボツになります。結局、ほぼ担当さんが考えたようなストーリーになっています。とても自分の作品と思うことができません。担当さんだって作家自身に作って欲しいと思っているはずなので、好きでボツを出しているわけではないことはわかっています。自分の考えと違いすぎるからボツを出すしかないんだと思います。そして議論をしても、どうしてもキャリア上、こちらが折れることになります。これは自分が我慢し続けるしかないのでしょうか。編集長に直接連絡をとり、なんとか穏便に担当替えをしていただくことはできないでしょうか。辛さを担当さんのせいにしてはいけないとは思います。でも今のままでは自分の心がつぶれてしまいそうです。編集者としては気分のいい質問ではないと思いますが、どうかご意見をください。よろしくお願いします。

A:担当さんとどうしても相性が悪いという場合は、編集長に担当替えを直訴するというのもやむを得ないことです。編集長と面識があるのでしたら、直接連絡を取ることも比較的抵抗がないと思います。連絡をとって担当さん抜きで話し合いの機会を設けてもらってください。あなたが地方在住の方で、電話でのやり取りになる場合は、あらかじめ多少長くなる話だと断って相手の都合を聞いておきましょう。編集長にちょうど時間がない場合は、あとから掛け直すか掛け直してもらってください。編集長と話し合いをする際には、内容をあらかじめ整理しておき、具体的な事例もちゃんとあげられるようにしておきましょう。ただ、今の企画ものの連載がからんでいるということで、担当替えをするにしてもきりのいいところまでやってからになるかもしれませんし、場合によっては連載の早期打ち切りという事態になる可能性もあります。作品作りにおいてあなたと担当さんのどちらに是非があるのか正直判断できませんし、あるいはどちらにも非がないのかもしれませんが、いずれにせよ編集長との話し合いが良い結果をもたらすことを願っています。

その他のご質問は、フォームからお願いします。