【質問と解答】

Q:まず、自分の状況を把握していただいてから質問をしたいと思います。私は27歳の女性です。自費出版などで趣味として25歳まで続けていましたが、出張編集部へ持ち込みをしたところ、そのうち2社に声をかけていただきました。1社はWebコミで定期に仕事をいただいています。もうひとつのK社では編集さんと一緒に少女漫画のコンペ用の作品を作っている段階です。こちらも年齢が年齢なのでコンペに一度出したところ、セミナーへ回していただきA賞をいただきました。画力は少女漫画の絵柄ではないけれど高いとの評価で、あとお話のノリがいいとのことで、後1年間で絵を少女漫画に近づけてデビューを目指してみないかとお話いただきました。アシスタントもヘルパーで入っていましたが、収入があまりないために、正社員ではありませんが事務員として働いています。漫画を描くため週2日の勤務ですが、1300円の時給なのでぎりぎり生計は立てられています。一応、会社には漫画家を目指しているとの話をしたところ、前向きに協力してくださり、勤務時間は自由に決められますし、締め切り日に合わせての調整も可能です。
 ここからが質問になります。漫画家は私の憧れの職業なので手放したくありませんし、諦めたくありません。が、私も27歳で女性なので、そろそろ結婚のことも考えますし、父母も老いているのでいつまでも実家暮らしというわけにもいかず、将来のことが心配になってきました。連載作家さんをみると、大体16歳〜18歳デビューなので、27歳からデビューできたとしても生計をたてるまでには、やはり至らないいのでしょうか? K社の編集さんは協力的ですし、憧れを持ってたS社にも今度持ち込みをしに行きますが、年齢の相談をしたら全然問題はありませんよと逆にあっけなく笑われてしまったぐらいでした。年齢的な面では、まだぎりぎり大丈夫なのでしょうか? それと、私が連載をとれる枠ができたとして、生計を立てるまでに10年ぐらいはかかってしまいますか? できることなら、諦めたくないです。が、親も老いてますし、結婚後も連載漫画家として両立できるのかも心配です。




A:年齢だけをみるとデビューとしてはぎりぎりという感じなのですが、長年同人活動をしてきてかなり実力がある方なのでしょうね。実際に出版社に持ち込みをして編集者に太鼓判を押されているのであれば、デビューは問題ないでしょう。連載がとれるかどうかは努力と運次第ですが、連載作家になれて仕事が途切れさえしなければ10年後などということなくすぐにでも生計は立てられるようになります。K社やS社は古くからの大手なので新人の原稿料は業界最高水準ですので、ショート作品でなければ1本の連載でも十分な収入になります(アシスタント代の出費にもよりますが)。むしろ、結婚後もやっていけるかどうかは結婚相手の理解次第でしょう。


その他のご質問は、フォームからお願いします。