【質問と解答】

Q:今、トーンを多用しないでペンタッチやベタを使って表現する絵柄とトーンや線を多用してリアルに表現する絵柄、2つの絵柄で悩んでいます。参考に2つの絵のメリットを教えてください。




A:トーンを多用しない絵柄の場合、ペンタッチを細かく入れると絵画風の仕上がりになります。日常ものだと素朴で温かみのある画風になりますし、歴史物やファンタジーにも向いています。ペンタッチを細かく入れつつベタも多用すれば土俗ホラーものにも合います。トーンとともにペンタッチも減らし、主線とベタ中心にするとクールな画風になります。
 トーンやペンタッチを多用すると劇画系のリアルな画風になります。シリアスで重厚なストーリーに向いています。また、トーンを多用しながら線を減らし削りも抑えると無機質な絵柄になります。SFに向いているでしょうか。
 また、タッチ、ベタ抑えめでトーンほどほどというのがコメディを中心に最も汎用性が高い画風になります。


その他のご質問は、フォームからお願いします。