【質問と解答】

Q:新人漫画家です。次の読み切りの掲載のために作品を作っているのですが、ボツが続いています。描きたいことは自分の中で固まっていて、担当さんにも打ち合わせで言っているので伝わっていると思います。しかし、それでOKをもらっていざネームにするとボツになります。表現できていないからかな? と思うのですが、「このネタはやめよう。新人の君にはまだ描けないよ」と言われると、じゃあ何故OKを出したのだろうと思ってしまいます。「主人公が大人っぽすぎるね」などと言われますが、他の掲載されている作品と大差がないようにも思います。自分が面白い! と思って作品を作っています。それでもボツが続くと、もう何が面白いのかわからなくなってきました。それとも、まだ自分の中の「面白い」が読者に届くような表現力が身についていないだけなのでしょうか? 回答よろしくお願いいたします。




A:新人には限らないことではありますが、特に新人のうちはよくあることです。企画としてはよくても、実際ネームにしてみるとその企画には力量不足だということが判明する──自分ではよく描けたつもりでも客観的に見ると雑誌掲載水準には達していないということです。ある程度キャリアを積んだ作家さんであれば、自分のほうから納得できるレベルのものが描けなかったと先方から企画を取り下げることもこともあります。そこで、なお励ましたり助言したりしてネームを継続させるか、心機一転別の企画に切り替えるかはケースバイケースですが、そこは担当編集の判断になります。あなたの担当さんは、企画としては評価しているものの、ボツを何度か繰り返した挙げ句未だ見通しが立たないということで、今これ以上直しを繰り返してもあなたのためにならないと判断したのでしょう。あなた自身、何が面白いのかわからなくなったと言っているくらいですから。。今の企画は一度引き出しストックにしまっておき、1〜2年経ってから再度検討してみてください。未来のあなたであれば上手く形にできるかもしれませんよ。


その他のご質問は、フォームからお願いします。