【質問と解答】

Q:私は進学校に通う高校2年生の女子です。現在初投稿に向けて原稿を作っています。しかし両親には漫画家になりたいと言っていません。というより言えないのです。父親は漫画やアニメが大嫌いで、そういったものに関連する職業への偏見も強いです。見つかると怒られるので昔から漫画を読んだり絵を描くのは隠れてやっていました。親戚には医師や看護師が多く私の姉も医学部に通っていて、そのせいもあってか父は私に絶対医者か看護師になれと言ってきます。安定した仕事に就いて欲しいという気持ちもわからなくはないのですが、正直父の薦める職業に興味が持てません。昔から絵を描いたり話を考えるのが好きで、最近自分は何をして生きたいのかを考えた際、漫画家になりたいと強く思うようになりました。今学校はとても忙しく、通学時間も長いです。漫画を描いていて成績が下がれば父に何をしていたのかと怒られますが、学業と漫画をどうしても両立したいと思っています。実際に学業と並行して漫画家を目指せるものなのでしょうか。また、父の言う進路に反対したたとして、漫画家になるのを応援してもらえることはないと思います。漫画家を目指しているうちは経済的な支援がないと難しいのでしょうか。大学受験の時期になるまでは漫画を描きたいのですが、未成年が保護者の承諾なしに投稿や持ち込みをするのは可能なのでしょうか。




A: 昔に比べて漫画の地位は上昇しましたし漫画家という職業の認知度も高まりましたから、応援してくれる親御さんも増えてきてはいますが、やはり芸能界などと同じように不安定な仕事ですから、ご両親と同じように反対する親御さんも未だ少なくはありません。文面から判断するに、今漫画家への道を選ぶとなると経済的な支援が得られないどころか、最悪絶縁までありえると考えます。その覚悟があるなら別ですが、ご両親との関係も大切に考えるなら学業に励みつつ漫画家としての基盤を固めるべく模索してください。漫画家として地歩を固め収入も安定した一人前の社会人としてであったら、ご両親を説得できる可能性も高くなります。ただし、そのためには受験を控えた今は学業に集中すべきではないでしょうか。浪人するようなことになれば、漫画を描くこと自体逃避になって学業も漫画も中途半端になり、ご両親を説得することなど覚束なくなるでしょう。投稿や持ち込みに保護者の承諾は必要ありませんが、今は思いついたアイデアを書き留めておくにとどめ、晴れて大学に合格してから執筆活動を再開することをお勧めします。


その他のご質問は、フォームからお願いします。