【質問と解答】

Q:デッサン力が大事とよく言いますが主にどのような練習をすればいいんですか? どの程度までこだわってやればいいですか?




A:デッサンの中でも漫画で必須なのが人物デッサンです。練習方法はポーズ集や写真の模写で構いません。その際、人体の骨格や筋肉などの美術解剖学の知識があると、身に付きやすくなります。また、対象の細部を描写するデッサンと並行して、対象の全体像を短時間に把握するスケッチの練習もしてください。こちらのほうは、写真ではなく友達や家族に実際にポーズをとってもらって描くといいでしょう。ただ、直接漫画を描くわけでもなく、デッサンやスケッチといった基礎練習をただするだけというのはモチベーションが高まらず長続きしないと思います。ですから、作品のネームを切る中でキャラクターにこういうポーズをとらせたい、こういう角度の構図にしたい、こういうシーンを描きたいという具体的な絵の目標を定め、それを描くための準備としてその都度練習するようにしてはいかがでしょうか。そうすれば、目標がはっきりしていますから自分がどの程度こだわればいいか判断もつきやすいでしょう。デッサンやスケッチ、美術解剖学についての詳細は、美術や漫画の技法関連書籍を読んだり専門のサイトを見てください。


その他のご質問は、フォームからお願いします。