【質問と解答】

Q:女性誌で男性編集者の方に見ていただいている、女の新人漫画家です。たまにネームの中で、性的な状況や台詞が入ることがありますが、「男性目線からしてこの台詞はおかしいかもしれない」と疑問に思うことがあるのですが、男性編集者の方にそれを細かく伺うのは逆セクハラになり不愉快な思いをさせてしまうような気がして、なかなか質問することができません。逆に、編集者の方ももしかしてこちらに気を遣ってくださって、性的な部分で若干変なところがあったとしてもおっしゃらないでいるのでは、と思うこともあります。やはり自分としては何より作品をいいものにしたいという思いがあるのですが、性的な状況を描く作品やエピソードを扱う時に、編集者の方は基本姿勢として仕事として割り切ってくださっているものなのでしょうか?




A:男性編集者としての立場で言うと、作品の打ち合わせに関しては作家の性別に関係なく接しているつもりですが、やはり性的なエピソードや台詞を扱う際は相手が女性作家だと男性作家ほどフランクにはいきませんね。特に付き合いが浅いと、ネームや原稿で指摘すべき点は指摘しますが、オブラートにくるんだ言い回しを使ったりして直接的な言い方は避けています。ですが、ある程度付き合いが長くなり、大丈夫と見極めがついた方との打ち合わせでは、お互い同性同士と同じように切り込んだ話をばんばんしますね。一般的な話で言うと、仕事としての基本姿勢はあるものの、異性間ではどうしても男性のほうが社会常識的にセクハラにより気を遣わなければなりませんし、特に新人作家相手だとどうしても編集者のほうが立場的に上になるのでパワハラにもなりかねません。ですから、一度あなたのほうから「必要ならばきわどい話でも遠慮なく仰ってください」と言ってもらえると、担当さんも口の滑りがよくなると思いますよ。

その他のご質問は、フォームからお願いします。