【質問と解答】

Q:私は最近、突然漫画家になりたいと思いこのサイトをよく見るようになりました。色々な方が「年齢」について質問をされていてふと思ったことがあります。私は現在29歳(女)で、突然漫画家になりたいと思うようになりました。しかし、投稿 する際には同じ実力の16歳と29歳では16歳のほうが有利であるとおっしゃっています。それは、年齢を重ねればその分、絵が固まってしまうからであり、16歳の方のほうが今後の可能性があること。年を重ねればその分読者の感覚とズレてしまうことなどが挙げられていました。しかし、例えば10歳の頃から漫画を描き始めた16歳と突然漫画を描き始めた29歳で、投稿時同じクオリティーだった場合、29歳の投稿者の方が今後の伸び率は高いと思います。また、私は今、大学の博士課程ですので、普段から大学生と頻繁に交流しています。もちろん若者と感覚はズレているかもしれませんが、理解はしているつもりです(あくまでつもりですが…)。ですから、やはり年齢でその方の今後の伸び率を見るのは少しおかしいと思うのですが…。もちろん、私は現在絵の練習を始めたばかりで、まだ投稿を考えているわけではありませんが、このサイトを見るようになって、少女漫画に投稿するにはもう遅く、あきらめた方がいいのかな、と思うようになりました。29歳で、少女漫画雑誌に投稿するのはもう無理なのでしょうか?




A:確かにあなたの言うように、年齢によって勝手に限界を決められてしまうのは不本意でしょう。年齢が高くても絵柄やセンスが若い投稿者がいなくはないとは私自身も思います。ですが、ここでの回答は私個人の感想ではなく、現実の漫画界の実態を踏まえてのものです。あなたがあえて少女漫画誌にこだわる理由はわかりませんが、少女漫画誌はもっとも投稿者の平均年齢が低い漫画誌です。少年漫画誌と比べても投稿者の平均年齢は4〜5歳下で、初投稿が12〜13歳という方も珍しくありませんし、もっと低年齢から投稿している方もいます。そして、いずれの少女漫画雑誌もローティーンや小学生から投稿者の育成に力を入れています。厳しい言い方をしてしまいますが、そうした中に29歳で初投稿という時点で希望は持てません。投稿規定には年齢制限はありませんが、内部的な足切りは現実としてある(明言はしないかもしれませんが)と考えてください。そこであなたへのアドバイスなのですが、少女漫画誌ではなくもう少し読者年齢が高めの女性漫画誌か女性向けファンタジー漫画誌への投稿をお勧めします。あなたの描くジャンルにもよりますが、女性作家や女性読者の多い一部の青年誌もターゲットに入れていいいかもしれません。雑誌やジャンルが変われば年齢がネックになることはなく、むしろ年齢なりの人生経験の豊富さが武器になりえます。
 いろいろ厳しいことを述べましたが、29歳で漫画家を志してくれたことには、一編集者としてうれしいですね。ただし、まだ絵の練習を始めたばかりとのこと。漫画の難しさ、プロ(商業漫画家)への道の厳しさがわかってくるのはこの先のことでしょう。漫画の基本を学んで漫画作品を実際に描いてみれば、「10歳の頃から漫画を描き始めた16歳と突然漫画を描き始めた29歳で、投稿時同じクオリティーだった場合」なとという仮定自体ナンセンスだとわかります。それでも、漫画を描く楽しさ、表現者としての喜びを知ることができるならば、(「少女漫画家」は無理かもしれませんが)漫画家を志すのに遅いということはありません。

その他のご質問は、フォームからお願いします。