【質問と解答】

Q:29歳の少女漫画家志望です。最近担当さんが付いてくださることになりました。プロットから見ていただいて原稿を完成させ、毎月募集している賞に投稿したら、デビュー一歩手前の賞をいただけました。担当さんからも、「次こそデビューしましょう」と言っていただきました。それから新しいプロットを作成、直しなどを再び二人三脚で行い、担当さんも直しのお返事などを、私がFAXした当日か、遅くても2日後には連絡してくださっていました。しかし、ネームが思うようにできず、直しが今4回目ほどです。その4回目の直しをFAXさせていただいたのですが、いつもはすぐ返事をくださっていたのに、1週間ほど連絡がありませんでした。そして再び、自分で直しをしてFAXさせていただいたのですが、また連絡もないまま1週間ほど経ってしまいました。これは、なかなか次のネームがうまくできない私にがっかりきて、連絡が来なくなってしまったのでしょうか? 急に連絡が来なくなり不安です。年齢も年齢なので、拾っていただいたこの雑誌でなんとかデビューしたいと思っています。どうかご意見をお願します。




A:判断材料が少ししかないので、確かなことは言えませんが、今まではすぐに返事が来ていたのに二度続けて連絡が遅いというのは、かなり厳しい状況である可能性が大です。ネーム直しが4回目ということですが、回数はともかく直しの内容が問題になります。指摘された欠点が29歳の年齢に見合ったものであればいいのですが、そうでない場合は既に赤信号が灯っている段階かもしれません。失礼ですが、29歳と言えば少女漫画家志望だとかなり年齢がいっています。それだけに、求められるハードルも10代の新人よりも高くなると考えてください。ネームが思うようにできないとありますが、気持ちの上であなたに甘えはなかったでしょうか。自分に誇りが持てるネーム、作家として編集者の敬意を勝ち取れるネームを切るのだ、言われるままにただ機械的に直すのでなく担当さんの予想を超えるのだという気構えで臨まなければ見放されてしまいます。ともあれ、未だ結論が出たわけでもありません。まずはあなたのほうから連絡をとってみましょう。

その他のご質問は、フォームからお願いします。